ae.ao

天網恢恢

4/24

僕には自信のあることが一つもない。これは胸を張って言える。これだけは誰にも負けないだとか、これだけは譲れないものというのが一つもない。誰にも真似出来ないようなオリジナリティもない。
僕は自分の顔が美しいと思ったことがない。醜いと思ったこともない。自分の顔について客観的に見るということが上手くできない。いつ見ても自分の顔でしかない。自分の顔は見飽きていてつまらない。

だけど僕はとんでもなくナルシストだと思う。僕は僕の周りにいる人たちの中では誰よりも自分を魅力的だと思ってる。根拠は一つもない。
多分それは僕が僕自身を誰よりも愛してるからだ。僕は優しいし健気だし、頭がいい。だからみんなきっと僕を気にいるだろうと思う。馬鹿げてるけどいつからか本当にそう思っている。
そしてその肯定感は誰かと自分比べた時の優越感から生まれる。だけど同時にそんなわけないだろキモいなあと思う自分もいる。お前は誰かに勝るような性質はひとつもないんだぞ。

いずれの僕にしろ、「うぬぼれるな」と言われたらぐうの音もでない。